【妊活女子必見】葉酸サプリメントを毎日の生活で取り入れることはとっても大事。”はじめて”の妊娠でも使える!葉酸の魅力を伝えます。

妊娠と葉酸

厚生労働省も葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸は、妊娠中の女性には欠かせない栄養素で、厚生労働省も「胎児の健康リスクを下げるため、葉酸の摂取が必要」と勧告しています。

妊娠中なら葉酸を毎日400μg(=0.4mg)摂取しましょう。

葉酸は適切な量を摂取しないと、胎児の健康リスクがあります。しかし食事からのみで摂り続けるのはとても大変です。そこで当サイトでは「葉酸サプリメントでラクラク摂取する」方法をオススメしています。

葉酸サプリメント徹底比較

ランキングは読者による「葉酸サプリメント人気№1決定戦」。他にも口コミも掲載&募集しております。

葉酸サプリ口コミランキング一覧

葉酸について詳しく知る

葉酸とは生きていくうえで欠かせないビタミンの一種です。ビタミン類は体内で生成されないため、不足になりがち。そのため毎日食品や葉酸サプリメントで補わなければなりません。厚生労働省も「妊産婦のための食生活指針」の中で、妊婦に葉酸を飲むことをすすめています。

葉酸を摂取してみましょう

「葉酸とはどんなもの?」「1日に必要な摂取量はどのぐらい?」妊婦さんと赤ちゃんを妊娠したい女性は必読!効果・効能と基礎知識のまるわかり講座です。

葉酸とは葉酸初心者のための基礎知識

葉酸とは、どのような栄養素がご存じでしょうか?ここでは、葉酸の特徴やメリットのほか、健康や美容への影響について、詳しく解説します。

葉酸って、どんな栄養素なの?

葉酸はビタミンの一種(ビタミンB群)で、学術名を「folic acid」と言います。もともと、ホウレンソウの葉っぱから発見された栄養素で、水に溶けやすい性質(水溶性)を持っています。

また葉酸は、妊娠中の女性には欠かせない栄養素で、厚生労働省も「胎児の健康リスクを下げるため、葉酸の摂取が必要」と勧告しています。

葉酸は、何に含まれるの?

葉酸が含まれる食品は、ホウレンソウだけではありません。さまざまな緑黄色野菜の中に葉酸が含まれています。また、野菜だけで無く、果物、豆類、肉類(レバーなど)や、海苔の中にも、葉酸が豊富に含まれています。

葉酸が含まれる食品の例
食品名 分量 含まれる葉酸の量
ホウレンソウ 1株 63μg
大豆 1カップ 300μg
いちご 5粒 68μg
鶏レバー 100g 1300μg
焼き海苔 1gあたり 19μg
単位:1μg=1/1000mg

葉酸は水に溶けやすい性質のため、加熱や調理の段階で「栄養素が逃げやすい」栄養素です。このため、食事だけで「健康に必要な栄養をカバー」するのは、難しいとされています。

葉酸サプリメントで摂取する人も多い

食事で取るのが難しい場合は、葉酸サプリメントで補うことが可能です。このほか、葉酸の含まれる野菜ジュースや酵素ドリンク、抹茶や煎茶からも「必要な葉酸」が補えます。

特に葉酸を多く必要とする、妊娠中の女性、シニア世代(60歳以上)の方は、葉酸サプリメントと食事を上手く組み合わせることで、必要な栄養素が効率よく摂取できます。

葉酸を摂取するメリット

葉酸を摂取することで「どのようなメリットがあるのか」表を使って、簡単にまとめてみました。

葉酸を摂取するメリット
必要とする人 健康上のメリット 予防効果が期待できる疾患名
妊娠中の女性 造血効果、細胞の生成により、母体の健康を守るほか、胎児の健康を守る働きがある 肌荒れ・つわり・うつ・悪性貧血・妊娠中毒症等、健康リスクの予防
授乳中の女性 産後の体の回復、胎児に良い母乳(血液)が与えられる 胎児の疾患を予防・貧血・うつ・肌荒れ等、健康リスクの予防
胎児 細胞や血を造るなど、成長を促進する。 先天性神経管閉塞症・二分脊椎症・アレルギーの予防、健康リスクを低下させる
子ども 成長を促進し、脳機能を改善、造血の働きがあるため、新陳代謝を活発にする 肌荒れ・うつ・アレルギー・脳の疾患・貧血等、健康リスクを低下させる
成人 細胞や血を造る、新陳代謝を高めるほか、脳機能を改善、成長を促進する 動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・脳梗塞・結腸がん・白血病・狭心症・うつ・末梢神経障害・成人病予防等
60歳以上の方 細胞や血を造る、血流の維持、皮膚を健やかにするほか、健康促進が期待出来る 成人病・認知症・アルツハイマー等

このように、葉酸には「健康を維持する」のに必要な栄養素です。特に、成人や高齢者は、必要な葉酸を摂取し、成人病や動脈硬化などの健康リスクを回避することが大切です。

また、健康な赤ちゃんを出産するため、妊娠中の方は葉酸の摂取量を意識するようにしましょう。もちろん、出産後も授乳中の方は「健やかな成長」のため、必要な葉酸を摂取するよう心がけてください。

以下は、妊娠中・授乳中に必要な葉酸の量です。

妊娠中に必要な葉酸の量(1日あたり) 授乳中に必要な葉酸の量(1日あたり)
400μg(=0.4mg)
例)パセリ200g / モロヘイヤ200g
280μg(=0.28mg)
例)えだまめ100g / クレソン200g

肌荒れ・美容にも欠かせない葉酸!

葉酸は、健康を促進するだけではありません。葉酸の持つ細胞の再生効果により、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進し、肌荒れを予防するほか、美肌への効果が期待できます。

現在、シミやソバカスの予防、美白ケア、紫外線対策をされている方は、スキンケアと同時に栄養バランスについて見直してみましょう。葉酸や必要なビタミンを摂取することで、肌コンディションの改善が大いに望めます。

メモ: 成犬に必要な葉酸の量

人間と犬の「必要な葉酸の量」は、異なります。また、子犬と成犬では必要な量が異なり、成長期の子犬は、より多くの栄養を必要とします。成犬の葉酸摂取量の目安は、以下の式で割り出しましょう。

体重(1kg)× 4μg =1日に必要な葉酸の量

成長期の子犬や妊娠中の犬には、成犬の2倍ほどの葉酸が必要となります。ペットに葉酸を与える場合は、人間と同じ物ではなく(安全性のため)ペット用の商品から、選ぶようにしましょう。ドッグフードの中には、葉酸や犬の成長に必要な栄養素が含まれています。

与え方が分からない場合は、信頼できる獣医さんに相談するか、最寄りのペットショップで「栄養の与え方」について指導を受けましょう。

葉酸で、元気な毎日を過ごそう!

いかがだったでしょうか? 葉酸には、さまざまなメリットや健康効果がありました。最後に「葉酸のメリット」について、簡単にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

葉酸の代表的なメリット6つ!

  1. 妊娠中の女性、胎児の健康を守る
  2. 成人病や現代病のリスクを予防する
  3. こどもの成長、健康を促進する!
  4. シニア世代の健康を守る働きがある
  5. 美肌効果・美容にも効果が期待できる
  6. ペットの健康にも欠かせない栄養素!

葉酸を正しく摂取し、健康な毎日を過ごしたいですね♪

葉酸サプリはどれがいい?

ランキングは読者による「人気№1決定戦」です。他にも口コミも掲載&募集しております。

葉酸サプリ口コミランキング
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ ふたりのサプリ

TOP